YURAGI WORLD

中学受験終了&次は数年後&加えて日々の徒然を綴ります

過去問・説明会・併願校など

初めての受験なので、わかってなかった落とし穴。過去問。

 

塾の先生と最終的な志望校や併願校を決める前から、過去問への取り組みが当たり前のように通達される。

いつまでに提出せよとか。

10年分せよとか。

ここの部分は2周できたらいいなとか。

 

夏休みに有名中購入したばっかじゃん。なのに、併願校の話する前に、過去問とな!?(驚)やっぱり初めて受験は落とし穴がいっぱいね。

10年分って単純計算すると、4教科×10年=40コマ。

麻布だったら、40時間ですぜ〜〜〜。しかも指定されたように加工して、訂正して、提出って、何時間かかるねん。

これが併願校までとなると・・・・(怖すぎ)

 

志望校確定→過去問購入→取り組むなイメージだったのに、順番は全く逆で、

夏期講習終了→(ゼェゼェ)→過去問〆切迫る→(ゼェゼェ)→大慌てで購入→取り組み→提出

 

来月面談だっけ?志望校、併願校って結局誰がいつ最終決定するん????な私の頭のなか。。。

 

それと平行に、各校の入試説明会の日程調査&そこに申し込みがある。ということは、面談で最終決定する前に、そこに行っとかなきゃならない。

つまり迷ってる(はじめてでよくわからない)場合(がほとんどでしょうけど)何校いっときゃいいのかわからない。願書だって、いくつもらっとこうか。面談終わった後では説明会も終わってそうだってことが、今頃ようやくわかってきた。ガックリ。

 

参加した文化祭や説明会

4年:なし

5年:麻布・開成・武蔵・渋渋・私学合同説明会

6年:開成・武蔵・麻布・渋渋・小石川・駒場東邦・本郷・海城・城北・芝

 

(たぶん3年から文化祭スタートさせたらちょうどええんかな?次は用意周到で臨む事にしよう)