YURAGI WORLD

中学受験終了&次は数年後&加えて日々の徒然を綴ります

母の脳内バランス

昨夜、2月校の願書を記入しましたら、眠れなくなってしまいました。やっぱり私のほうがテンパってるのかも。

2月の2校の願書はすごくシンプルで、麻布はなんとボール紙!カッコイイ☆

住所と名前で終わりじゃんねーっていう簡単さ。なのに、これを書いたら眠れなくなってる私。チキンハートだ。

 

それにひきかえ、すでに提出済みですが、都立の願書の大変さ。ううう。「ただほど高い物はない」と親に何度も言われてきましたが、願書もその通り。「ただほどメンドクサイものはない」を実感したのでした。

 

今日、ウォーキングしながら、お友達と、「ドキドキがとまらない〜。何にも手につかない。でもする事なんて、なんにもないんだけど。。。」みたいな。みんなおんなじね。

 

ただいまの私の脳内は、今、受験関連8割、夕飯1割、父のこと1割かもしれない。

妹弟のこと・・・ほぼマイナスかも。ごめんよ〜。学校行事も幼稚園行事も習い事も彼らのことは、うっとうしいというか、すごく負担。ぜーんぜん、楽しめないです。身勝手な母ですまない限りです。

 

昨晩、彼ら二人に、「兄を応援するなら、これから2月10日まで健康で静かに二人で遊ぶ事が一番親孝行です」と宣告しました。

「わかったぁ〜はーい♪」といいながら、キャッキャキャッキャ・・・うるせぇ〜〜〜〜(怒)と雷落としてしまいました。

 

2月5日はディズニーランドで下の二人に、目一杯サービスできるといいなと、そればっかり願っています。