読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YURAGI WORLD

中学受験終了&次は数年後&加えて日々の徒然を綴ります

豊島岡 説明会

豊島岡の学校説明会に参加しました。

池袋から近いです。が、人ごみなので遠く感じました。

 

試験日は2月2〜4日。御三家併願で3連チャン受験パターンが多いのでしょうか。

 

3日に国公立を受験したい場合は、大変ですね。押さえにする場合、入学手続き〆切が早いので、入学金を払わなくてはいけないスケジュールになります。

ここは渋渋と違うところですね。

 

講堂がすごくて、螺旋階段に赤い絨毯、キラキラのシャンデリアとホテルみたいでした。バブル世代好みでしょうか。

 

途中で退学する生徒の有無やいじめやトラブル、自殺への対応については具体的な説明は一切ありませんでした。いじめ防止法に乗っ取り対策やってます的な説明だけで終わりました。

 

実際、問題があったときに、すぐに退学させてしまう学校なのか、それとも、一緒に悩み考えて寄り添いつつ問題解決に向かうのか。そのあたりが知りたかったのですが、わからず終い。

 

260名の募集ですが、毎年275前後入学。

1クラス45〜6人学級ですね。

 

例年250〜260名程度が高校に内部進学しているようなので、この差はどういうことを意味するのか、その辺りも説明が欲しかったですね。

 

高校からの入学も90名前後毎年ありますが、中学組と混ざるのが高校3年の1年しかないそうです。ビックリ。ちょっと残念。

 

「一生懸命に努力を継続し頑張る子」を推奨するようです。大学実績がすごいのもなんとなくわかりますね〜。毎日の運針も継続は力なりですものね。

 

説明会でいただいた学校報の中に、合格体験記があって、これを読むと、子どもたちがいかに工夫して真剣に6年間受験勉強に取り組んだかがよくわかります。

 

息子の通う学校の子どもたちが書く文章を読むと、ぎっしり書く子が多いのは、あの学校らしいですが、内容も青春カラー一色で、勉強の話なんてでてきません。それぞれの学校の違いが歴然だなと思いました。