YURAGI WORLD

中学受験終了&次は数年後&加えて日々の徒然を綴ります

筑駒 文化祭 2015

11月1〜3日まで筑波大学付属駒場中学の文化祭が開催されています。

 

なにを隠そう、はじめて行ってきました。

 

長男の受験のときは、偏差値表の一番上だったので、なんとなく恐れ多くて一度も行きませんでした。が、場数も増えて、母も慣れたということでしょうか。(笑)

 

今日は小学校が振り替え休日だったので、平日の文化祭に行けるからラッキーと思いきや、真冬日&土砂降りで最悪の空模様。

 

筑駒、雨でも模擬店は外のテントで開催。食べるのも外。ウエ〜〜〜〜ン。

 

模擬店は2カ所のみ。お弁当関係の販売も見当たりませんでした。

 

縁日は一回80円で、点数に応じて駄菓子がもらえるシステム。でも、80円で2回じゃんけんして、うまい棒1本って・・・子どもたち的には、ちょい理不尽なゲーム仕様だったようです。

 

驚いたことは、生徒が少ないんですよ。1学年120人。

160人だと思い込んでましたが、中学は120人。

高校でひとクラス増えて、160人になるんだそうです。

 

麻布や開成は300人ですから、イベントの規模が違いますね。

だから文化祭が静かなんだ。なるほど〜〜〜。

 

そして、みんな顔がね、なんというか、顔がすごい「カシコの顔」というか、目つきが似てるというか。なかにはちゃらけた瞳の生徒もいましたが、そういうのはレアで。

 

やはり最難関トップ校は持ってるものが違うんだなぁ〜〜〜としみじみ感じた次第です。