読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YURAGI WORLD

中学受験終了&次は数年後&加えて日々の徒然を綴ります

登校許可証の不思議

子どもたちが次々にインフルエンザです。

うちの小学校では登校許可症は、親が記入します。紙ぺら1枚に、いつからインフルエンザになりまして、いついつに解熱しましたので、今日から登校しますというようなものです。

 

これだと、面倒は発生しません。

ま、記入するのも手間といえば手間ですけど。

 

しかし、中学校は違った。

 

登校許可証を医師に記入してもらう必要がある。

つまり回復確認を医師にしてもらえというのだ。

 

えーーーー、それってきっと文書料が発生するわよねん。

 

しかも、インフル警報中の病院の待ち合いに行く=次のインフルをお持ち帰りの可能性が絶大にあるわけだ。

 

よって行きたくない。

うだうだ思い悩んでいたら、下記の記事が目に留まる。

 

医師が明かす。インフルエンザ治癒証明書が「よくない」理由

 

へぇー、そうだよね。

 

医者に今朝、回復しましたって言うのは私と息子。

これを信じて医者がサインして、お金を払い、

学校はそれを信じる。

 

だったら最初から学校が保護者を信じてくれたら、こんな面倒な仕事も増えないし、医者の混雑もやわらぐのになぁ。

 

 

ま、嘘をいう親も子も多いってことか。

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村