YURAGI WORLD

中学受験終了&次は数年後&加えて日々の徒然を綴ります

再び理科。オキシドールはなくなるのか?!

オキシドールはなくなっているが、二酸化マンガンの様子はかわっていない」

 

この解答が頭にひっかかって、モヤモヤ気持ちが悪いんです。

 

オキシドールはうすい過酸化水素水溶液。

97%、つまりほとんどが水。

 

二酸化マンガンとの反応が終わったら、どうなるか?と聞かれたときに、「オキシドールがなくなった」と書くのは不適格と思う。

 

「泡がでなくなったが、二酸化マンガンに変化はない」とかなら理解できる。

 

オキシドールがなくなったか、目視でわかる人間がいるのだろうか。そこに渇いた二酸化マンガンが残っているわけじゃないし。

 

気体の発生が終わっても、97%の水が残ってるのに、オキシドールはなくなったと書かせるのは、ちょっと無理ですよー。

 

オキシドールに含まれていた過酸化水素がなくなったと考えられるとかなら、許すか?

 

 

オキシドールがなくなったっていうのは、百歩譲っても譲れないな。

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村