YURAGI WORLD

中学受験終了&次は数年後&加えて日々の徒然を綴ります

ミドルゾーン保護者会

はじめてミドルゾーンの保護者会に行きました。

いままで、クラス昇降のタイミングが良く、一度もこのゾーン限定の保護者会に来てなかったことに気がつきました。だって、内容が全然違ったんです。行って損した気分。ま、違いがわかっただけよしとするか。

 

まず一番驚いたのは、

家庭教師、個別の使い方

の話があったこと。

 

マジで?目が飛び出そうでしたよ。何年もサピに通って来て、初めて聞いたんです。

 

個別や家庭教師に頼りすぎて授業がおろそかになってるケースが多いっていう話がメインでしたが、やはりこのクラス帯でアップップしてる子供に、家庭教師や個別を与えるケースが多いということでしょう。

そして子供が塾よりも個別に依存し、さらに成績が低迷という悪い連鎖になるケースも多いってことなのかなと思いました。

 

α直下のほうが、みこみのありそうな生徒が多いっていう話もありました。いえ、それは必死でもがいてるからで、余裕でαにいる生徒は、先生から見ると努力が足りないように見えているかもしれません。

 

ちょっと残って相談しましたが、

「理社ができないのは勉強不足」

「志望校が決まれば目の色は自ずとかわります」

 

姫は思春期でざわつく心と向き合いつつ、己と向き合う日々です。志望校もずっと前から一つ熱望校があるし、理社も毎日やってますけどさっぱりです。これを勉強不足という一言でアドバイス終了って、長いこと通ってますけど、もしかして塾選び失敗だった?って思いました。

 

昔の先生がいてくれたらなぁ。

 

今日はマンスリー。

折れそうな姫の心のためにも、結果実りたいと願う母です。