YURAGI WORLD

中学受験終了&次は数年後&加えて日々の徒然を綴ります

SO

ぬかるみにどっぷりはまって、抜け出せないでいます。

SO 20%

 

困った。

 

思春期?

メンタル?

テストが怖い?

 

もう原因分析もできません。

昨日までできてたことまでできなくなってます。

 

疲れかしら?

いっそ休ませようか。

 

親としてどうサポートすればいいのか、さっぱり皆目わかりません。

受験は2回目だからすんなりできるわけじゃないんだということだけ、学びました。

気がつけば弥生

2月終わってしまいましたね。今年の受験は波乱でしょうか?

これから各塾の今年の受験の分析会に参加します。今年ははじめてあれこれ申し込んでみました。全部行ってから、まとめてみたいと思ってます。


6・4ダブルサピ生活は思っていたよりも楽です。同時にいないって便利だわ。やはり5年より明らかに、6年はいまのところ、新規単元がないから・・・親としては楽です。

 

そして子供の性格による学びの差というのが、歴然。

姫とは正反対で、チビは塾で思いっきりやかましく?楽しんで発言し、家に帰って来たら図鑑や科学雑誌で勝手に調べて、iPadで動画を見て。1人でどんどん遊びに転換して世界を広げていってます。面倒みるのも楽です〜。

どんどん質問してくれるし、疑問もどんどん浮かぶし。

すぐに実験も自分でし始めるし。

 

受け身で、あまり何事にも興味のなかった姫とは大違い。

これがもしかしたら成績の伸び悩みの原因なのかなと感じています。

 

姫、一歩一歩階段を上ろう!

あぁ無情

姫。組み分けは、社会でぶっとびまして。せっかくの算数での積み上げもむなしく。

でも清々しいほどの社会の悪さでしたので、家族で大笑いして終了。

 

で、

 

中学受験しない予定の次男がですね、先日おいらも塾に行ってみたいと言い出して。大人の事情で断るのもアレなんで、サピにデビューしたんです。

丸腰でテスト受けたので、超ギリギリ入室で、Aクラスだったんですが・・・

 

まさかのαで4年スタートという・・・。

 

アタタタタ。

なんとも無情な結果となっております。

 

本当にボンヤリした弟をいつも心配していた姫。

テストにでかける直前までアニメを見ていて叱られた弟。

同じ日にテストなのに、弟の持ち物までチェックした姫。

あれこれ注意して、名前書くのよ。番号のシール忘れちゃダメよ。消しゴムは二つよ。

 

もうあんたはお母さんかい!って突っ込む程の弟心配症の姫。

 

結果はまさかの形勢逆転

 

弟から

「お姉ちゃんもがんばってね。僕、すごくクラスあがるみたい、それってお姉ちゃんのクラスよりも上なんでしょう?僕、大丈夫かなぁ。うふ〜こわいなぁ。お姉ちゃんどうしよう。」

 

あぁ無情です。

 

姫、しっかり!

 

 

2018も始まって早10日

ご挨拶が遅れました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

f:id:YURAGI:20180110101732j:plain

 

いよいよ、1月校入試が始まってますね。

今日が本番の皆様、しっかり〜。いいお天気でよかったですね。

親のほうがテンパってませんか?(え?そんなの私だけって?ふふふ。)

 

息子のときの話を聞かれても、あんまり覚えてないんですね。息子と話をしたら、彼の1月の記憶はこんなでした。

 

・あれほど予習したにもかかわらず、母はJRの路線&電車名がわからなくなった。

・行く途中で緊張でお腹がいたくなった母が面倒だった

・昼ごはんのレストランが美味しかった

・美容院で待ち時間を過ごした母、待ち合わせ場所で一瞬誰かわからず困った

 

こんな具合でした。

まぁ、一生懸命気を紛らわせようと必死(母)でしたねー。

来年はまたテンパりそうだわ。

 

組み分けのほうは、自己採点やってません。

最近やってないんですねー。なんかもうどうでもいいや的な。いかんいかんとは思いつつも、情熱が足りないです。

 

感想は、算数まぁまぁ、理科ちょっとできたかも、国語いつもどおり、社会死んだだそうです。理科はできたっていうときはできないことがほとんどなんで、結果が怖いです。

 

なまんだぶなまんだぶ

クリスマスもオワッタ

12月マンスリーも終わり、あれ?組み分けテストまで二週間ですが・・・。

その間、正月ありますけど・・・_____orz

 

12月マンスリーのクラス替えのないまま、組み分けテストって!!!

なんかしっくりこないです。

 

12月結果

算数>理科>50>国語>社会

こんな具合でした。女子なのに・・・。

 

成績グラフでは、いつもの死んだ人の心電図状態からは逸脱するような大きな変化はありませんでしたが、一瞬生命反応がみられたような動きのグラフになってました。それでよしとしようか。

ここから蘇生するのか、必死で粘ってもらいましょう。

 

それにしても、一番頑張って漢字練習した社会の偏差値が40台前半。。。

むむぅ。

ちょっと前は国語が一番苦手っていう教科だったけど、今は国語と社会が苦手教科になってしまいました。足をひっぱる教科がこの時期に増えてどうするんだ?(叫)

 

アプラスをしたほうがいいのか、年表なのか、テキスト問題なのか。はたまた過去のテストなのか。冬休み中になにか振り返ったほうがいいのでしょうが、どれからやったらいいのかさっぱりわかりません。ちょっと相談してみようかなって思ってます。

 

1週間やっとの思いで覚える

→翌週のテキストになったとたん前の週を忘れる

→1週間やっとの思いで新しいテキストを覚える

→さらに前の話は忘れる

 

と、どうやらこんな具合。寒天方式に押し出されているように思います。

なんかいい方法ありませんかねー。

 

ところで目下4月マンスリーで今の成績をキープもしくは若干上向きというのが目標です。

他塾上位層の移籍組&下位層の転出で、相対的に中盤層の姫は、成績が下がるのではないかと予想しているので、とにかく今のポジションから下がらないで藁にでもしがみつくってやつですね。

他塾模試あれこれ

他塾模試。みなさん、やってます?

 

こんな風に書いたら、また流行っちゃう?

いやそんな全くいいもんじゃないって話ですんで誤解のありませんように。

 

イムリーだったから、エデュより抜粋。

「うちは結局、社会など各塾間の足並みが揃った6年9月にNN模試を一回受けました。1桁順位で全額無料の特待&個別指導のお誘いを受けましたが、時間がないのでお断りしました。6年秋以降で十分というのが実感です。」

 

1人目のときは、一切浮気せず、サピ信者でした。というか、浮気するとサピを妄信できなくなりそうで、とにかく目の前のサピの先生を疑わずに親子で信じ、不安エネルギーすべてで、先生にぶつかっていった感じですかね。だからどんな結果も受け止めたし、不安だけど、この不安感は親ならではの醍醐味って僧侶のように思えた。

 

で、2人目。

ハジメテ浮気してみた。

 

だって、知り合いが⬆のエデュの書き込みのように、タダで個別してもらっちゃってるって聞いて、「えーーーーーーーーマジ?!そんな業界なのかとは思ってたけど、そこまで露骨なのか」と思ったんだ。

 

で、五年だけど、ちょっとだけのぞいて来た。

 

でももうやめるわ。

心苦しい。

二股で浮気してる愛人みたいでだめ。

黒々しい業界を垣間みて、嫌気がさすだけ。

 

合格者数を足したら、入学者数よりもはるかに多いわけだから、おかしいのはみんな気づいてるわけだ。でも、それでも信じてWとかNに通って来たわけでしょう。そこにちょっと不安な他塾勢がぴゅっと無料模試受けて、いい成績とったら最後、そのあと、一番いい先生の個別を無料で受けられるって。

 

えーーーーー、長年通って来た自塾生をほっぽって、いいわけ?そんな人情ないことすんの、あーなーたじゃないですか?自塾生の親の気持ちを考えると吐き気がする。

 

直前の半年、御三家合格圏内の他塾生をうん十人、無料で面倒みても、自塾の合格実績にできるのなら、広告経費で考えると安い経費なんだろうか・・・。

 

浮気したほうも、Sでいい成績が出せなくて不安になって飛び込んでるから、まさに極上のカモ。親子でS不信感がさらにつのり、無料のWを猛烈に信じ始めるわけだ。

 

そうなると・・・・、こわいこわい。

火・木・土・日 S

月・水・金 NNと個別、しかも無料みたいな・・・

 

こんな具合になるわけ。ほんとうまい具合に日程が入れ子になってて、全部利用できるようになっている。

 

で、疲れたら、土特か平常授業を休もうか・・みたいな。

 

それ、いいことですか?ためになるかな?

問題傾向がらっと変わってもいけるかな?

 

あれこれちゃんと考えようね。最後は母たちだんだん頭おかしくなってきて、諭吉何枚でも出しても合格したら得なように思えるけど(実際思えてくるから怖い)、違うから。

お金でねじ込めるものはないから。

勉強もどこでやってもこの時期同じだから。

結局本番で鉛筆を握るのは本人だけ。

親にできることはご飯くらいよと改めて思ったのでした。

 

皆様も業界のカモになりませんように。

ご無沙汰

おひさしぶりです。受験生のみなさま、いよいよ師走ですな。

 

姫の成績の悪さにブログから逃避していたわけでもなく、子供が病でした。あぁー疲れた。長かった。子供が大きくなってから、こんなに長期的な時間単位で病気だったことは久しく、日々の健康の有り難さを痛感いたしました。

 

本番間近のみなさま、いくら子供の成績で一喜一憂したとしても、怒りのマグマがどばーっと大噴火しそうになっても、よく食べよく眠れているだけで、まずは有り難や〜有り難や〜と拝まなければならないくらい、子供の健康はすばらしいことですよ。