YURAGI WORLD

中学受験終了&次は数年後&加えて日々の徒然を綴ります

テストの会場

この時期の模試の会場っていちいち親が申し込みます。

私学の校舎を借りて行われる場合もあり、申し込み初日はつながりにくいくらいになったりもしまして。

保護者会でも頑張ってと言われる人気校舎もあったりします。

 

私みたいなぼんやりにはなかなかの難度。会場を選ぶ考えもまとまらないうえ、受験校も右往左往。心が固まったときには、満席。

 

でも、諦めないで。しばらくするとキャンセルする方もでてくるので、満員で×マークがついていても、ときどきサイトをのぞくと、空席があったりしますよ。

 

私の場合、考えて考えてA会場を申し込んだにもかかわらず、この間に面談などありまして、C学園を受験するかもしれないという流れになり、C学園は初日から満員だったので、ひとまず空きのあったB中学に一旦会場を変更、その後C学園が空席ありに変わったタイミングでさらに変更しました。

 

A会場→B中学→C学園

 

なんとかなりますね〜

 

秋も深まり

秋も深まってきました。

やべぇ。6年11月。


こんな時期に1日校を変更しました。娘にはオーバーワークだったようで、無理がたたったみたい。普通のことまでできなくなって、精神不安定になったのが最大の理由です。

兄のまわりでは、「ずっと20%判定だったけど合格」とか、「滑り止めに全部落ちたけど、ここだけは合格」とか結構いるんです。ちなみに、息子もずっと80%判定だった学校に補欠不合格でした。

なので、娘の第一熱望校には、模試でどういう判定がでても、受けに行こうと決めていました。ですが、ここにきて、思春期の身体の変化や、模試の重圧、受験への不安などから気持ちが非常に不安定になってしまって。このまま突き進んで、病いになるのではないかという不安を強く感じるようになりました。

それで、娘に、もう受けるのを辞めようと言いました。すこしホッとしたように感じました。小さな娘に可哀想なことをしてしまったと、今でも悔やんでいます。

 

あれほど、1日校は夏休み前に決めようと思っていたのに、やはり女子の学校選びは難しいです。逆に男子程クセのある学校がないから、先生も秋まで様子をみて変更もいいかもと言うのかもしれないです。

 

でも、やはり、1日校は夏前がよろしいかと思いますよ。

はい、過去問、終わりません。

必死で追い上げ?いや、追いつこうと必死でもがいていこうと思います。

 

で、4年チビはといいますと、クラス復帰。うれしい。3ヵ月1つづつクラスが落ち続け、緩い勉強しかしないくせに、悔しく、本人「もがいていた」そうなんですね。とくに前回は4科偏差値が上がったのに、クラス落ちを食らい、意気消沈していたから、今回のMAXクラスUPは嬉しかったようです。

α復帰のご褒美にほしがったものは・・・

 

itunesカード

です。

 

うーんと思いつつ、残ってた600円分あげました。

なにに課金するんでしょうね。

あーやだやだ。

 

4年の社会が難しく、点が採りにくくなってますねー。対策どうしたもんだか。ニュースみて、教育番組見て、雑誌見て、漫画読んで、好きに遊んでちょうだいっていうのがいいのかしら。ってことで、子供新聞をとろうかと迷ったんですが、ニュース雑誌を定期購読はじめました。漫画いっぱいで面白いね。

桜肉、ボタン鍋なんて、高校生兄も知らなかった。
これは私の家庭教育の問題かしら・・・

反省しなきゃ。

6&4つらいと今頃わかった

お久しぶりです。

生きてます。

ブログ放置してました。気持ち?身体?の余裕ゼロ。

 

姫見て、チビみて、姫みて、振り返るとチビ脱走。

捕まえて、チビ座らせて、つきそって、姫の丸付け終わってねー、ゼイゼイゼイ。

 

なんかゼイゼイしている間に終わった夏。

年子ならまだマシかも。

4、6は曜日一緒だし、家にいるのも一緒だし、すぐに喧嘩するし、でもまだ4年は社会と理科が初耳だから、お世話いるし。

 

とはいえ、チビは「タブレット」と「ドラえもんシリーズ」が大好きなんで、これ見とけといえばいいだけなんで、楽なんですが。

 

いつまでもあまちゃんは姫です。

成績もあまあま、精神的な幼さと不安心理、そして思春期の心の不安定さ、この辺りが一気に私に向けられている感じで。休まりません。

 

母として悩む毎日です。

 

あと5ヵ月たったら、終わってますね。

志望校は全然しぼれないまま、ここに来て迷走中です。

でも、女子は男子にくらべれば、志望校に特化した対策というのは限られた学校だけのようなので、姫は関係ありません。

 

さぁ、がんばろう。私も負けないでコピーします。

有名中も全然進んでないのに、12月までに過去問せよと、保護者会で聞いて白目で帰宅。

時間ね〜〜〜〜〜〜〜し。

 

さて、どうしようと4年前の息子の過去問ノート(←思い出に一部だけ残してあります)をひっぱりだして見たけど、なんとなくギリギリで終わってました。

 

なんとかなる!

長いトンネル

なんと早いこと。

今日から麻布文化祭です。文化祭も残す所あと1回だと思うと、泣けてくる。親はまだ受験終わったばっかりの気分だけど・・・時はしっかり刻まれている。

 

姫、いまだトンネルの中です。もう暗闇にも慣れて来た。若干私の手出しを許すようになり、進展あり。昨日はコアプラスを激闘の末、ノートに書かせることに成功。ホッ。
母はこの応報に疲れる。

 

心の成長期とかかわり合う、これが親の醍醐味ですよってサピの先生には優しく言ってもらったけど、もう母はズタズタです。夏までに落ち着いてほしい。

 

4年はクラスが2コースも増えるそうな。

チビはコース数が増えたけど、クラスUP⬆⬆。よかったねぇ。
その程度の勉強で、順調な滑り出しの君に、ママもうれしい。

姫がこっそり。「自分がうまくいかないのに、チビがなんでクラス上がっていくのかな」って吐露した。

 

「だってそりゃ、チビは素直なんだよ〜」とは言えなかった。

チビは単純だから、「これやる。30分以内で。終わったら、遊びに行ってよし!」で大喜びなんだもん。

 

 

SO

ぬかるみにどっぷりはまって、抜け出せないでいます。

SO 20%

 

困った。

 

思春期?

メンタル?

テストが怖い?

 

もう原因分析もできません。

昨日までできてたことまでできなくなってます。

 

疲れかしら?

いっそ休ませようか。

 

親としてどうサポートすればいいのか、さっぱり皆目わかりません。

受験は2回目だからすんなりできるわけじゃないんだということだけ、学びました。

気がつけば弥生

2月終わってしまいましたね。今年の受験は波乱でしょうか?

これから各塾の今年の受験の分析会に参加します。今年ははじめてあれこれ申し込んでみました。全部行ってから、まとめてみたいと思ってます。


6・4ダブルサピ生活は思っていたよりも楽です。同時にいないって便利だわ。やはり5年より明らかに、6年はいまのところ、新規単元がないから・・・親としては楽です。

 

そして子供の性格による学びの差というのが、歴然。

姫とは正反対で、チビは塾で思いっきりやかましく?楽しんで発言し、家に帰って来たら図鑑や科学雑誌で勝手に調べて、iPadで動画を見て。1人でどんどん遊びに転換して世界を広げていってます。面倒みるのも楽です〜。

どんどん質問してくれるし、疑問もどんどん浮かぶし。

すぐに実験も自分でし始めるし。

 

受け身で、あまり何事にも興味のなかった姫とは大違い。

これがもしかしたら成績の伸び悩みの原因なのかなと感じています。

 

姫、一歩一歩階段を上ろう!

あぁ無情

姫。組み分けは、社会でぶっとびまして。せっかくの算数での積み上げもむなしく。

でも清々しいほどの社会の悪さでしたので、家族で大笑いして終了。

 

で、

 

中学受験しない予定の次男がですね、先日おいらも塾に行ってみたいと言い出して。大人の事情で断るのもアレなんで、サピにデビューしたんです。

丸腰でテスト受けたので、超ギリギリ入室で、Aクラスだったんですが・・・

 

まさかのαで4年スタートという・・・。

 

アタタタタ。

なんとも無情な結果となっております。

 

本当にボンヤリした弟をいつも心配していた姫。

テストにでかける直前までアニメを見ていて叱られた弟。

同じ日にテストなのに、弟の持ち物までチェックした姫。

あれこれ注意して、名前書くのよ。番号のシール忘れちゃダメよ。消しゴムは二つよ。

 

もうあんたはお母さんかい!って突っ込む程の弟心配症の姫。

 

結果はまさかの形勢逆転

 

弟から

「お姉ちゃんもがんばってね。僕、すごくクラスあがるみたい、それってお姉ちゃんのクラスよりも上なんでしょう?僕、大丈夫かなぁ。うふ〜こわいなぁ。お姉ちゃんどうしよう。」

 

あぁ無情です。

 

姫、しっかり!