YURAGI WORLD

中学受験終了&次は数年後&加えて日々の徒然を綴ります

毎度、理科で困る

テキストの改訂があった、理科。

 

いい加減にして〜〜〜〜〜〜〜

 

という気分。

今回は液体の性質の単元。

つまりはリトマス紙〜BTBまでです。超重要。基本のキ。

 

B4一枚にまとめた表を暗記せよって先生が言っただけで、授業が終わったらしい。

 

授業は最初の1ページを1時間かけた模様。

残りのページの解説は・・・アタクシ?!?!?

 

そんなはずはない。

先日、電話したら、「教えないでくださいね」と言っていたではないか。

「授業聞かなくなるからお母さんはやめてね」って。

 

まぁ、昔も1ページしか授業でしてこなかったことが4年のときは多々あって、先生が毎週違ったりもあったし、4年理科はどうでもいいんかな?って思ってたけど。でもそのときは、覚えてこいっていうのもなかったし。問題だけやってきたらいいよーみたいな宿題だったから、許せた。

 

わからん問題は答えうつしとけって言ってたように記憶している。

 

が、姫の先生は、問題の解き直しも要求している。ないと怒られるみたい。

 

クラスが低いから、宿題が多いんだって兄が言う。なるほど。もうちょっと⬆のクラスに安定するようになったら、おそらく宿題は半分?!姫よガンバレー。母は宿題を減らしたいぞ。

 

うしろの両面穴埋めプリントも昔はなかったしー。

 

なんかボリューム増え、難度上がったけど、授業は一緒。

秘かに親の努力が求められる???

各論もうちょっと掘り下げた方が、花や昆虫の変なイラストで暗記させるよりいいように思うんだが。

 

でもでも、今のテキストは、夫と息子が一番尊敬するあの先生が作っているように思うので、先生がやれと言うならなら仕方がないのねと諦めてみる。

 

が、気持ちはスッキリしない。

 

 

もうすぐマンスリーだ。

なのに本人、遠足に社会科見学にと気持ち緩みまくりです。こわいー

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村