YURAGI WORLD

中学受験終了&次は数年後&加えて日々の徒然を綴ります

個人面談

個人面談。とても緊張しました。

マンスリーでαに滑り込んだので、特に何も言われなかったです。よかったぁ。

・・・って喜んでる場合じゃなくて。

 

もっと個人面談って何度もあるのかと思ってたんですが、サピックスは合計2回です。寂しいくらい。でも落ち着いて考えると、早くから何度もやっても、意味がないですね。ただの愚痴の相談会みたいになりそう。

 

6年になって、個人面談の前に早急に相談したいことや悩みの相談は、電話相談でした。

保護者会の後の相談は、私の場合、後ろの方が気になってしまい落ち着きませんから。

我が家の場合、2月からのスランプが春まで続いたので、電話相談をしました。スランプの原因は、9時までの塾通いに身体がなかなか慣れなかったこと&祖父の余命宣告でした。

いまだに夜の10時で、すでにフラフラで、計算があいません。夜はめっぽう弱いんです。でも朝もだめ。。。10時間睡眠熱望の身体のまま、受験が終わりそうです。

 

こんなこと・・・と電話することを迷っている場合、迷わず電話することをオススメします。

何度か電話しているうちに先生ともだんだん打ち解け、話しやすくなってきました。

悶々とするよりも、信頼して子どもを託しているのですから、同士として相談を乞うことはなんら恥じる事ではないと思います。 

 

それで肝心の最終面談。1〜5日までは予定通り。変更なしです。

1月校は埼玉を1校勧められました。我が家、お恥ずかしながら、1月校は全く見学に行っていません。どこも遠いのです。我が家から乗り換え多いし。現実味がないからという理由です。

 

しかし、面談で、「1月校はすごく良い学校ですよ。公立に行って塾を頼りに都立高校を目指すよりはずっとずっーとすばらしい。」と力説をうけると・・・

ほほぅ。明日、見に行ってみよう。(←そんなに軽く動けるなら一度くらい説明会に行っときゃいいものを)